« 2007年2月 | トップページ | 2007年7月 »

光学ドライブ、再び

こないだ電源移動したG4 Cube。

電源移動したついでに光学ドライブを

取り外したんだけれども、この光学ドライブって

以前ヤフオクで落札したもの。

去年組み込んだときに、CDメディアの排出が上手く行かなかった。

入れる時はすんなり入るんだけど、メディアを出すときに

ちょうど排出口に引っかかる様な感じで、つまったりしていて

なんか使いづらかったから今回の電源移動の際に取り外した。


で、光学ドライブを組み込まない状態でCubeを起動し

メディアを読み込ませるときには、外付けドライブを使って

いこうと思った。ところが・・・

外付けドライブにDVDビデオを入れると、MacのDVDプレイヤーが

立ち上がって、エラーが出てくるようになった。

光学ドライブが接続されてませんとのこと。

いままで光学ドライブ内蔵のまま外付けドライブにDVDを

いれてちゃんと再生する事ができたから、

やっぱりこれは、内蔵ドライブが無いせいということだと思って

今日取り外しておいた光学ドライブを再び装着。

今回は、ちゃんとメディアを排出できるように

少しだけ排出口をナナメにしてとりつけた。

おかげで、ネジが2本余ることになったんだけど・・・。


で、現在はというと、ちゃんとメディアの出し入れが

スムースにいくようになりましたとさっ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

ドライブ組み込むときに、電源を移動してるもんだから

ケーブル類の取り回しがちょっと大変だった。

それと、CPU、グラボ、光学ドライブ、HDDと

全て純正品じゃないので、唯一の純正パーツの

電源ユニットに負荷がかからないかちょっと心配。

出来ればGigaの電源ユニットにしたい所なんだけど

Gigaのやつは電源移動キットでは固定出来ないんだよなぁ・・・。



まだまだCubeを改造するのか!?Macintosh廃人への道。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

移動完了

先日、ヤフオクで落札したCube電源基盤移動キット。

やっと取り付けてみました。

Dengen

ホントはGigaの強化電源の方がよかったんだけど

うまいぐあいにねじ止め出来なかったのと

Gigaの強化電源は電源の位置を移動したら

不具合が出るとの情報を見たので断念する事に。

結局、オリジナルの電源基盤を使いました。

電源移動したので、グラボも変えてみようと思って

手持ちのGeForce4MX(ADC死亡)をとりつけてみたら

やっぱり画面うつらなかったです・・・ガクッ_| ̄|○

これてGeFerce4MXはADCもVGAも両方映らない

ジャンクなカードになってしまったなり〜(;´д`)トホホ


まぁ、そんなこんなで、電源移動しつつ、

ついでに光学ドライブを取り外したりして、

なんとか、Cubeが組み上がりました。

さてさて、次は、RADEON9000Proあたりを

狙ってみるかな、( ̄ー ̄)ニヤリッ




なかなか終われない、Macintosh廃人への道

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

G5にRADEONX800XT

グラボの逆襲・・・・


この間G5にRADEON9800Pro搭載を失敗したので

なんだか無性にグラボが欲しくなり、その日の深夜に

ヤフオクでRADEONX800 Mac Editionを落札してしまった(爆)

たまたまその日に出品したばかりの商品だったみたいで

オークション開始から終了まで3時間半というスピードで

落札してしまった( ̄∇ ̄;)ハッハッハ


で4/5にRADEON X800が無事に届いたので

早速FX5200からX800へ交換。ベンチマークをとる。

下がその結果。

Xbench はFX5200、X800共に5回計測したものの平均値。

-----------------------------------------------
X800 Xbench 5回の平均値

Results 112.164

Quartz Graghics Test 104.268
Line 95.534
Rectangle 94.744
Circle 96.432
Bezier 94.526
Text 165.654

OpenGL Graphics Test 121.408
Spinning Squares 121.408

-----------------------------------------------
FX5200 Ultar 5回の平均値

Results 111.12

Quartz Graghics Test 107.16
Line 96.994
Rectangle 98.108
Circle 99.782
Bezier 95.74
Text 190.366

OpenGL Graphics Test 115.472
Spinning Squares 115.472

-----------------------------------------------


CINEBENCH 9.5 

RADEONX800XT
****************************************************
Processor : PowerMacG5
MHz : 1800
Number of CPUs : 2
Operating System : MacOSX10.4.9

Graphics Card : RADEONX800XT
Resolution :
Color Depth :

****************************************************
Rendering (Single CPU): 277 CB-CPU
Rendering (Multiple CPU): 496 CB-CPU

Multiprocessor Speedup: 1.79

Shading (CINEMA 4D) : 284 CB-GFX
Shading (OpenGL Software Lighting) : 934 CB-GFX
Shading (OpenGL Hardware Lighting) : 2259 CB-GFX

OpenGL Speedup: 7.95


FX5200 Ultra
****************************************************
Processor : PowerMacG5
MHz : 1800
Number of CPUs : 2
Operating System : MacOSX10.4.9

Graphics Card : GeForce FX5200 Ultra
Resolution :
Color Depth :

****************************************************
Rendering (Single CPU): 276 CB-CPU
Rendering (Multiple CPU): 494 CB-CPU

Multiprocessor Speedup: 1.79

Shading (CINEMA 4D) : 285 CB-GFX
Shading (OpenGL Software Lighting) : 945 CB-GFX
Shading (OpenGL Hardware Lighting) : 1851 CB-GFX

OpenGL Speedup: 6.50

****************************************************


なんか微妙だけどX800の方がスコアいいんだよなぁ。

個人的にはかなりの差がつくと期待していたので

この程度の差なら無理に買わなくても良かったかなぁと

ちょっと思ってしまった。

でも、前から欲しかったグラボなので満足満足(⌒〜⌒)ニンマリ

どこまでMacに投資するのか!? Macintosh廃人への道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ファンを変えてみた

以前から気になっていたG4 Cubeの上部ファンを交換してみた。

Cube2_2


本体下部にあるファンが青色LEDなので、上部ファンも同じように

青色LEDのやつにした。

さらに、今回のファンは回転数を手動でコントロール出来るタイプ。

まぁ常に風量Maxで回転させているんですけど・・・(笑)

今回使ったのは「光る鎌風の風120」

同じラインナップの中に8cmと9.2cmのタイプもあるので、

近いうちに9.2cmタイプのものを手に入れてみたいと思ってる。

しかし、CPU交換後のCubeの冷却対策は

なかなかに大変なり( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Cube3


小さい事にもこだわり続ける、Macintosh廃人への道。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

G5にRADEON9800 その後

G5に取り付けたRADEON9800は

実はPowerMacG4QuickSilver2002に付けていたもの。

今回RADEON9800をG5につけたのでG4には

取り外して置いておいたGeForce4MXをつけることにした。

GeForce4MX自体もG4に標準でついていたものだから

何の問題もなく動作するだろうと思ってた、ところが・・・・


GeForce4MXをG4に取り付けて起動してみると

いきなりカーネルパニックが出た!!

何回再起動してもでる。

しかも、画面にはシマシマ模様が出てる。

   マジ!? /( ̄0 ̄)\オーノー!!

なんかGeForce4MXが壊れてるっぽいんですが・・・。

つーか、壊れてますよねこれは。


一応他のグラボを付けてみて起動できるか確認。

GeForce2MXを付けて起動すると、なにごともなく画面映るし

シマシマ模様も出てこない~( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

なので、完全にGeForce4MXの故障ということに決定。

というわけで、せっかくG5に取り付けたRADEON9800をG4に付け直して

G5には元のGeForce FX5200を付け直したよ(;´д`)トホホ


人生楽ありゃ苦もあるさ、Macintosh廃人への道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

G5にRADEON9800

前々からやってみたかったG5のグラボ交換をやった。

G5純正のGeForce FX5200 Ultal(64MB AGP8x)から

RADEON9800Pro(128MB/PC書き換え版 AGP4x)に交換。

デフォルトのままの状態でRADEON9800をつけて

XbenchのQuartz Graphics TestとOpenGL Grahpics Testを

やってみると、わずかだけどFX5200の方がRADEON9800Proを

上回ってた。これじゃあ、せっかく交換した意味が無いなぁと

思いあぐねて、なんとかならないかなぁとネットで情報を探してみると

グラフィックカードをクロックアップするソフトを発見。

ATIccelerator IIというもの。

このソフトMac用のATIグラフィックチップをクロックアップする

ソフトなんだけど、これを使ってコアクロックとメモリクロックを

ちょっとだけあげてみた。

すると、なんなくFX5200を上回るベンチマークが出た。

下にベンチマークを載せておく。


PowerMacG5
System Info
Xbench Version 1.3
System Version 10.4.9 (8P135)
Physical RAM 4096 MB
Model PowerMac7,3
Processor PowerPC G5x2 @ 1.80 GHz
L1 Cache 64K (instruction), 32K (data)
L2 Cache 512K @ 1.80 GHz
Bus Frequency 900 MHz
Drive Type ST3250823AS

Mac自体は上記の構成のままグラボだけ変えてXbenchをとった。


RADEON9800PRO 128MB(クロックアップ前)
(Processor 378.00Mhz Memory 337.50Mhz)
Quartz Graphics Test 88.35  
Line 91.80 6.11 Klines/sec [50% alpha]
Rectangle 91.75 27.39 Krects/sec [50% alpha]
Circle 93.36 7.61 Kcircles/sec [50% alpha]
Bezier 95.20 2.40 Kbeziers/sec [50% alpha]
Text 73.60 4.60 Kchars/sec
OpenGL Graphics Test 109.85  
Spinning Squares 109.85 139.35 frames/sec


GeForce FX5200 Ultla 64MB(G5標準)
Quartz Graphics Test 90.85
Line 95.63 6.37 Klines/sec [50% alpha]
Rectangle 95.51 28.51 Krects/sec [50% alpha]
Circle 95.47 7.78 Kcircles/sec [50% alpha]
Bezier 91.66 2.31 Kbeziers/sec [50% alpha]
Text 78.60 4.92 Kchars/sec
OpenGL Graphics Test 119.77
Spinning Squares 119.77 151.94 frames/sec


RADEON9800PRO 128MB(クロックアップ後)
(Processor 380.25Mhz Memory 339.75Mhz)
Quartz Graphics Test 95.26
Line 95.19 6.34 Klines/sec [50% alpha]
Rectangle 93.34 27.87 Krects/sec [50% alpha]
Circle 94.89 7.74 Kcircles/sec [50% alpha]
Bezier 95.90 2.42 Kbeziers/sec [50% alpha]
Text 97.07 6.07 Kchars/sec
OpenGL Graphics Test 113.35
Spinning Squares 113.35 143.79 frames/sec


ご覧の通り、ほんとに微妙な差でしか無いんだけど、オイラ的には

ちょっとでもRADEON9800Proが勝ってくれたのが嬉しいんだなぁ(笑)

このベンチマークをとった後、RADEON9800Proで

何度か同じようにXbenchで計測した見たんだけど

やるたびに数値がちがってくるという結果が出てしまった・・・。

しかも、Quartz Graphics Testなんか100超えてるし。

なんか、微妙な気持ちなんだけど、とりあえずまぁ良しとするか。


ちょっとだけ優越感にひたっている、Macintosh廃人への道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年7月 »