« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

MAMPでMovableType

MovableTypeを仕事で使うことになりそうなので

自宅のMacに入れてみる。

Macには、簡単にApache+MySQL+PHPを構築できる

MAMPなるソフトがあるので、とりあえずダウンロード。

オイラのようなUNIX系のOSを使い慣れてない人にとっては

非常にありがたいソフトです(^^)

しかもこれをつかうとローカルでMovableTypeをテスト出来るし。


MAMP

次にMovableTypeのダウンロードする。

six Apart

ここで個人ライセンスを選択して、ダウンロード認証キーを発行してもらう。

無事にMAMPとMovableType(3.33-ja)がダウンロード出来たら

一応これで、準備完了。


ここからのインストール手順は「まんぼのつぶやき日記Blog」さんのところに
詳しく載ってありますので詳しくはそちらを見ていただくとして、

僕がつまづいた箇所を書くと・・・

---「mt-config.cgi」の変更。---

これは、環境によって変わってくると思うので

オイラの方法を書きます。

MTフォルダ内の「mt-config.cgi-original」のコピーを作ります。

コピーして出来た「mt-config.cgi-originalのコピー」はそのままおいといて、

テキストエディタ(ここではmiを使いました。)で

オリジナルの「mt-config.cgi-original」を開く。

15行目のCGIPathをhttp://localhost:8888/cgi-bin/MT/ に変更。

21行目のStaticWebPathを /mt-static/ に変更。

オイラの場合BERKELEYDBを使用する設定なので

27行目から45行目までの行頭に#をつける。

46行目をDataSource ./db に変更。

名前を「mt-config.cgi」に変えて保存。

-------------------------------

上記の部分の 27行目から45行目までの行頭に#をつける。を知らなかったせいで

かなりの時間をくってしまった・・・・。

これであとは手順通りに作業すると、MovableTypeが起動しました。


やってみたらあっけないほど簡単に環境で出来上がったのでびっくり。

まぁとりあえずローカルでMovableTypeの練習が出来るのでよしとしよう。


MovableTypeで、また一つ余計なものを背負い込んだMacintosh廃人への道

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Vista入れてみた。

MacBookを買って2ヶ月ほどたつけど

全然使ってない事に今更ながら気づく。

だって、家ではG5とCubeとWin機が常時稼働してるので

ノートPC使う機会が無いんですよっっ。

こりゃいかんと思って、どんな使い方したらいいか考えて見た。

すると・・・・

IntelMacなんだから、Windows入れてモバイル用のWin機にしてしまうことに。

で、MacBookにWindowsを入れようとしたんだけど

WindowsXPはライセンス1つしかないから入れられない。

なのでRC1版のWindowsVistaを入れてみた。

BootCamp使ってサクサクといれられるのは、とても便利。

こんなんなりました↓

Macvista

とりあえず、次はOffice入れてみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
今年もMacintosh廃人への道、極めていきたいと思ってます。

123452

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »